積算ソフト頂2017新機能を使った設計書作成例

  • HOME
  • 積算ソフト頂2017新機能を使った設計書作成例

積算ソフト頂 2017 新機能を使った設計書作成例

設計書のカンタン取り込み(PDF/excel/CSV)

コード、名称、規格などから単価(施工単価・基礎単価・施工パッケージ)をすばやく正確に調べることができます。
ツリー状の分類や、キーワードから探すことも可能です。
また、検索した単価を新規設計書に転送すれば設計書を作成することができます。
設計書を作成せずに単価検索システムだけを電子辞書のようにしようすることもできます。

単価の取り込み(PDF/excel/CSV)

◎ 過去データの再利用

過去に作成した設計書から、条件(名称、規格、単位)の一致する単価を取り込むことができます。
※ 学習機能

◎ 単価検索システムからの転送

学習機能で条件が一致しなかった単価・歩掛は、単価検索システムから探して取り込むことができます。

学習機能「既存の設計書からの単価取り込み」

積算ソフト頂2017では、過去に作成した設計書から条件(名称、規格、単位)が一致する単価を抽出し、今回作成する設計書へ自動転送します。
これにより設計書作成にかかる時間の大幅な短縮ができます。
学習機能を有料オプションとしているソフトもありますが「頂」では標準装備です。

諸経費計算等

◎ 工事工種に応じた経費の自動計算

工事工種を指せっていすれば諸経費を自動計算。
地域に沿った諸経費の補正や丸めの設定も簡単に登録することができます。

<工事工種の設定>

◎ 最低制限価格計算

地域の独自掛け率や丸めを想定し登録することもできます。

<諸経費の計算方法や丸めの設定>

◎ 工事価格シミュレート

希望する入札額を入力し、直接工事費や諸経費を自動調整します。

多彩な形式で出力(PDF/Excel/印刷)」

ボタンひとつでPDF、Excelファイルに出力できます。
Excel変換機能を有料オプションとしているソフトもありますが、「頂」では標準装備。
発注者様式にあわせた柔軟な印刷設定も可能です。